イントラレーシックって?

イントラレーシックは、レーシックの一種で、近視、遠視、乱視の原因になっている屈折異常を改善するために行われる治療法です。

最近の視力矯正手術では、イントラレーシックのほうが主流になってきています。イントラレーシックとレーシックとの違いは、角膜の表面を薄く削り、フラップを作成する時の方法にあります。

レーシックのフラップ作成には、かんなのようなマイクロケラトームという眼科用器具を使い、角膜の表面を削り、フラップを作成します。

これに対して、イントラレーシックは、フラップ作成にはマイクロケラトームは使用せず、アメリカINTRALASE社製イントラレースFSレーザーを使用して、フラップを作成します。

このレーザーは、コンピュータ制御によってフラップを精密に作成することができる優秀なレーザーです。

このレーザーを使うことで、レーシックと比べ、フラップを薄く、より正確で安全に、尚且つ短時間で作ることが可能となりました。また、レーザーでは角膜を薄く削ることができるので、角膜の厚み不足でレーシックが受けられなかった人や、強度の近視の人にも向いている手術といえます。

また、万が一、術後に視力が低下し、再び手術を受けなければいけなくなった場合でも、初めの手術で、角膜の厚さを十分残しておくことができるため、再手術が角膜の厚み不足で受けられないというリスクも軽減されます。

このように、精度も安全性も高まったイントラレーシックは、新しい治療法としても注目を集めています。