コンタクトとの比較

コンタクトレンズで視力矯正をする場合と、レーシック手術を受ける場合とでは、どのような違いがあるのでしょうか。

まず、コンタクトレンズの場合ですが、近視の度数によって、レンズを交換できるというメリットがあります。

これに対して、レーシックの場合は、一度手術した場合は、元には戻すことができず、また、術後に視力が低下してしまうというケースもあります。視力が下がってしまったら、再び手術を受けたり、あるいは眼鏡で視力を矯正しなければならないということもあるでしょう。

しかし、コンタクトレンズの場合は、毎日のコンタクトレンズのお手入れが不可欠となります。そのため、保存液や洗浄液などの費用もかかり、また、レンズには傷がつくため、定期的な買い替えが必要になり、コスト面からいっても、これが一生続くとなると、相当な費用になります。

これに対し、レーシックは、手術費用は10万円以上と高く感じますが、日頃のお手入れなどの費用がかからず、また、マリンスポーツなどの際にも、コンタクトレンズをなくす心配などもないため、思う存分楽しむことができます。

お手入れにかかっていた時間も短縮できるし、起きた時から視界がクリアというのも嬉しいもの。

このように、レーシックを受けた後は、いつでも裸眼で快適な視界を手に入れることができるというのも大きな魅力です。

コンタクトレンズ装着による目のトラブル

また、近年問題となっているのが、コンタクトレンズ装着による目のトラブルです。

これは、正しい使い方をしなかった方に起こるものですが、深刻な場合には
角膜に深い傷を作り、失明の恐れもあるのです。また、ドライアイの人やアレルギーのある人がコンタクトレンズを使い続けることで、角膜に傷をつけてしまうこともあります。

レーシックは、これらのトラブル防止にも、一役買ってくれるでしょう。