医療費給付は受けれるの?

健康保険の適用にはならない自由診療扱いのレーシックですが、個人で加入している生命保険や医療保険の内容によっては、手術を受けると、“手術給付金”を受け取ることができる場合があります。

例えば、加入している生命保険に、「感覚器・視器の手術」などの特約が付いている場合は、レーシックの際に、手術給付金が受けられる場合がありますので、もしも、加入している生命保険にこのような特約が付いている場合には、給付金を受け取ることができる場合がありますので、手術前に手術給付金の対象となるかどうかを保険会社に確認してみましょう。

しかし、近年、生命保険会社では、レーシックによる手術給付金が受けられないところが殆どとなっています。

これは、近年、国内でも受ける人が増えてきたことで、手術給付金の請求が増えたこと、そして、レーシックなどの視力矯正手術を受けるために、生命保険に加入する人も増加したことなどから、現在では、殆どの生命保険会社では、“屈折矯正手術を給付対象外にする”というように約款変更されています。

このため、給付金を当てにした保険加入には注意が必要です。

前々から加入している生命保険だと、約款変更される前の場合もあるので、確認してみる価値はあるでしょう。

保険の請求には、保険会社規定の「医療証明書(診断書)」や、病院の証明書など、既定の書類が必要になります。これらの書類の発行手数料は、自己負担となります。(無料のところもあります)