健康保険は使えるの?

レーシックは、コンタクトレンズや眼鏡と同様に、健康保険は適用になりません。

つまり、手術を行っている施設や病院が、その費用を自由に設定することができる“自由診療”になっています。

レーシックにかかる費用は、以前と比べると格段に安くなりました。しかし、いくら安くなったとはいえ、その費用は、一般人からすると、まだまだ高額となっています。

レーシックを行っている施設によって、手術代は、10万円ぐらいから高いところでは100万円を超えるところまであり、同じ手術とはいっても、その費用にはかなりの差が生じているのが現状です。

健康保険は適用にならないレーシックなのですが、治療中に目の病気が発見された場合や、手術後に何らかの合併症が生じてしまった場合などは、健康保険が適用になりますので、クリニックや病院へ出向く際には、必ず、健康保険証を持参するようにしましょう。

レーシックは、その手術の性質上、今後も、健康保険が適用になることはないだろうと予測されています。

しかし、今後、ますますを受ける人・受けたい人が増えていけば、今よりも手術費用が下がっていく可能性はあります。

レーシックがもっと私たちの身近なものになり、誰もが安く手術を受けられるようになったときにでも、手術の質の高い施設が増えていることが理想です。