医療費控除は受けれるの?

医療費控除とは、本人や一緒に生活している家族が支払った医療費の合算が、年間(1月〜12月)で10万円を超えた場合か、あるいは総所得の5パーセント以上の場合に税金が還付されるというものです。このような人は、税務署へ医療費控除申請をすれば、確定申告で税金が還付されます。

レーシック手術は、以前と比べると安くなったとはいえ、その費用はまだまだ高額です。

現状は残念ながら健康保険適用外となっているため、高額療養費の払い戻しの対象にもならず、また、生命保険の医療費給付でも、支給対象外となっていることが殆どのため、何の補助も受けられないと思いがちです。

しかし、レーシックは、確定申告の医療費控除の対象にはなる可能性があるのです。

対象となるかどうかは、医療費控除の申請をする税務署に確認しなければなりませんが、もし、医療費控除の対象となると、年間の医療費は楽に10万円を超えることになるため、税金が戻る可能性が高まります。

レーシック手術を受けた方や、ご家族に受けた方がいる場合は、一度、住所地を管轄している税務署に、医療費控除の対象となるかどうかを確認してみましょう。請求には、手術を受けたクリニックや眼科の領収書が必要です。

また、医療費控除を申請する際には、この他に、源泉徴収票も必要になりますので、後で慌てないためにも、領収書や書類は大切に保管しておくようにしましょう。