合併症について

レーシック手術は、他の手術と同様に、多少のリスクはつきものです。しかし、視力矯正手術は、外科手術の中では時間も非常に短く、安全性の高い手術であるといわれています。

ドライアイ

そんなレーシックですが、術後の副作用や合併症としてあげられているいくつかの症状があることも忘れてはいけません。

まず、レーシックを受けると、術後、高い頻度で起こるといわれているドライアイですが、この症状は、通常は、その殆どが1〜3か月以内には改善していくものです。ドライアイが出ている間の対処法としては、点眼薬や軟膏などを使用して、症状を軽減させることができます。

しかし、通常は改善していく症状なのですが、まれに、涙の量が戻らずに、そのままドライアイになってしまうというケースもあります。

ハロ現象・グレア現象

レーシックを受けた後に、光がぼやけて見える、眩しく感じるといった副作用が出ることもあります。これは、ハロ現象・グレア現象と呼ばれるものです。

ハロ現象とは、光を見たときに、周りにもやがかかっているように光が広がって見えることです。

また、グレア現象とは、光が眩しく感じられるというものです。

これらの現象は、特に夜間、車の運転時などに支障が出る場合が多いで、これらの症状がある間は、夜間の運転は避けたほうがよいでしょう。

これらのハロ・グレア現象も、ドライアイ症状と同じく、長くても3か月以内にはなくなる症状ですが、近視が強かった人などの場合には、まれに、これらの症状が残るケースもあります。

その他の症状

これ以外にも、せっかく手術をしたのに、また近視が戻ってしまったり、炎症を起こしたり、あるいは、角膜を削りすぎたために起こる角膜拡張症などの合併症が起こることもあります。

いずれの合併症も、そう高い頻度で起こるものではありませんが、万が一、起こってしまった場合には、早期発見・早期治療が大切です。

そのためにも、定期検査は怠らず、また、何かあったときは、速やかに、手術を受けた病院で医師の診察を受けるようにしましょう。