手術前の注意点

レーシックを受ける日が決まると、今度は、手術に向けて、手術前の生活の注意点について、医師側からの説明があります。この注意点は、手術の結果を左右するものともなりうるため、必ず守るようにしなければなりません。

手術は、短時間で済む、比較的安全な手術なのですが、目という非常に重要な器官の手術でもあるため、最善の状態で臨むようにしましょう。

レーシックの手術日までは、体調管理に気を付けて、いつも以上に規則正しい生活を送るように心掛けましょう。手術日前日は、アルコールの摂取や、目を酷使するようなことは避け、早めに休むようにします。また、手術前の薬の服用も禁止されていますので、注意してください。

日頃、コンタクトレンズをしている人は、手術前数日は、コンタクトを外しておくようにという指示があります。

これは、コンタクトレンズによって、角膜に歪みが生じ、正しい手術ができなくなってしまうことがあるためです。せっかくレーシックを受けるのに、望む視力が出ないということのないよう、指示された日数はコンタクトレンズを外しておくようにしてください。

もし、クリニックから前もって処方されている抗菌点眼薬がある場合には、忘れずに点眼しましょう。

手術日当日

手術日当日は、レーザーの誤作動を防ぐためや、衛生上の問題から、化粧や香水、整髪料などを使用することはできません。

また、手術中や手術後に、衣類の繊維が目に入ったりしないよう、手術日当日は、頭からかぶるような服やニットは避け、脱ぎ着しやすい服装を心がけましょう。

レーシック手術日当日は、入浴や洗髪はできないため、前日のうちに入浴を済ませておきましょう。