リスクは?

レーシックによる視力矯正手術をしようと考えたとき、もしかして、手術に失敗して失明してしまうことがあるのではないかという不安が頭をかすめる方も多いでしょう。

しかし、手術の性質上、失明するケースはまずないといっていいでしょう。あくまでも角膜を削る手術なので、失明するような内容のものではありません。また、手術は、コンピューター制御で行われるため、たとえ手術中に目が少し動いてしまったとしても大丈夫なようになっています。

このように、レーシックには失明の心配はまずないものの、やはり手術なので、多少のリスクはあります。視力矯正手術では、角膜を削るのですが、この削ってしまった角膜は、当然ながら、元には戻りません。

一回の手術で、自分が目標とする視力には届かないといったケースもあります。また、角膜の厚さ不足でも、思った以上に視力回復が望めないケースもあります。このようなときは、せっかくレーシックを受けたのに、術後も眼鏡の装着が必要な場合もあります。

h3

レーシックには、術後に何らかの合併症が出るケースもあります。そのほとんどは術後しばらくすると落ち着くものなのですが、稀に、合併症の症状が継続してしまうこともあります。

また、レーシックは、その歴史がそれほど長くはないため、手術を受けてから何十年もしたら、何か副作用がでないという実証もまだないというのが現状です。

レーシックを受ける際には、どういう手術なのか、メリットとデメリットについても納得できるまで把握しておくことが大切です。