どういう人に向いているの?

レーシックは、これまでの実績から見ても、高い視力回復効果が期待できる手術だという

ことが分かります。では、手術にが向いている人とは、一体、どんな人なのでしょうか?

例えば、現在、眼鏡やコンタクトレンズで視力を矯正している方の中には、日頃、仕事上眼鏡が邪魔になったり、眼鏡は自分の顔には似合わないなどと悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

また、ドライアイで常に目が充血している人や、目のカーブの形状、花粉症などのアレルギーなどによって、コンタクトレンズとの相性が悪く、悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

また、眼鏡やコンタクトレンズだと、目が疲れて、頭痛や肩こりを引き起こしたり、また、左右の視力があまりにも違うため、視力の矯正がうまくできずにいるという方もいます。

このような人たちにこそ、レーシックが向いているといえるでしょう。

ただし、全ての人が手術を受けられるかというと、残念ながらそうではありません。裸眼視力の度合いや、ドライアイの状態、角膜の厚みなどによっては、手術を受けられないといったケースもあるのです。

しかし、レーシックは年々進化しており、新しい治療法も生まれてきていますので、今まで受けられなかった場合でも、レーシック以外の視力矯正手術を受けることが可能な場合もありますので、あきらめずに、一度、医師に相談してみましょう。