レーシックとは

レーシックとは、視力回復手術の一種で、レーザーを角膜に照射して、屈折力を変えて屈折異常を改善し、近視や遠視を矯正する手術のことです。

レーシックは、これまでの眼鏡やコンタクトレンズに代わる存在として、非常に注目されています。

レーシックは、1995年に、世界でもっとも厳格な基準を持つといわれているFDA(アメリカ食品医薬品局)により、矯正手術の認可を得た安全な手術です。

もともとは、アメリカで人気となり、以後、日本やアジア各国にも浸透してきました。国内では、有名スポーツ選手や芸能人によってレーシックの知名度が高まりました。

数年前と比べても、レーシックにかかる費用はかなり安くなっていることもあり、現在では、レーシックはますます私たちの身近な存在になってきました。

レーシック手術は、点眼薬による部分麻酔をし、マイクロケラトームという機械でフラップを作り、そのフラップをめくって、エキシマレーザーによって角膜を薄く削っていきます。

このレーシック手術にかかる時間は、両目で10〜20分程度と非常に短く、日帰り手術も可能となっています。

また、レーシックは、術中の痛みもほとんどなく、術後の視力の回復率もかなり高いという実績があります。